本文へスキップ

          The Legal Mind Education Of Japan

人間性を育む法育、日本法育学会。

日本法育学会は、模擬裁判員裁判を中心としたアクティブ・ラーニング、社会を知る学習としての裁判傍聴、施設参観、知識を深めるための学習会、講演会などの教育活動を行っています。

理事長からのお知らせreport

   
 明けましておめでとうございます
 皆様に幸多きことを心からお祈り申し上げます
 
 日本法育学会は、人を見つめ、社会の在り方を考え、主体的に行動するための気づきを得る機会を提供したいと考えております。
 昨年度は「虐待を防ぐために私たちにできること」と題して、虐待の根本にある問題、虐待被害から生み出される人生の歪みなど、一般書では決して知ることができない貴重なご講演、ご発表をいただきました。虐待は社会が破壊される一因であり、誰もが加害者・被害者になりうることを強く感じました。性的役割分業等のアンコンシャス・バイアス(unconscious bias)に気付くことがダイバーシティへの扉を開くことでしょう。多くの皆様に知っていただくために、来年度には書籍化する予定です。
 また、今年度の締めくくりとして、虐待研究の第一人者の鈴木秀洋先生にご講演いただきます。詳細は、HPでご確認ください。
 
 今後とも日本法育学会をどうぞよろしくお願い致します。
 
  2022年1月1日       平野節子
 
  これまでの理事長からのお知らせ  
 

活動報告report


活動報告写真  コロナ禍で研究会ができずにいましたが、感染症対策をとりながら活動を再開することとしました。
 まずは、千葉地方裁判所で裁判傍聴をしました。道路交通法違反事件、迷惑防止条例違反事件、商標法違反事件と、参加者が各自興味のある裁判の傍聴をすることで、密を避けることにしました。
 ここでは、商標法違反事件について紹介します。外国人である被告人は、日本人の名前を名乗り、東京都内の貸倉庫で、偽ブランド腕時計のネット通信販売の準備をしていたという事件です。事件としては単純で、被告人も罪を認めていましたが、偽ブランド腕時計だけでなく偽ブランドかばんも販売準備をしていたため、後日訴因変更をして裁判が行われることになりました。
 なお、日本語が話せない被告人のために、法廷通訳人が通訳をしていましたが、何度か裁判傍聴をしたことがある方でも、実際に法廷通訳人の活躍を見るのは初めてだということだそうです。
 コロナ前の日本は、外国人留学生や技能実習生を増やしてきました。現在コロナ禍で外国人の入国が制限されていますが、その一方で、被告人のように、入国してから年数を経ているのに、日本社会に馴染めず犯罪に手を染める外国人がいることも事実です。外国人をどのように受け入れていくかは、コロナ前から続く日本の課題であるといえるでしょう。
 
  これまでの活動報告  
 

 日本法育学会からのお知らせtopics


月例の研究会の再開につきまして
  新型コロナウイルス感染症対策を施しつつ、月例の研究会を再開いたします。
  なお、いわゆるオミクロン株の感染拡大などによりましては、急遽中止・変更する場合もございます。その際は、ホームページでお知らせいたします。

年会費のお願い
 まだ年会費をお支払いいただいていない会員の皆様は、年会費をお支払いください。年会費の振込方法等、詳細は、入会・継続のご案内をご覧ください。


新着情報news

2022年1月18日
活動報告を更新しました。
2022年1月11日
理事長からのお知らせを更新しました。
社会を知る学習会(裁判傍聴)の予定(2022年1月14日(金))を追加しました。
2021年10月18日
10月17日に、メールアドレスの判明している会員の皆さまと、遠隔参加希望メールをお送りいただいた皆さま宛に、日本法育学会第5回研究大会の遠隔参加方法のメールを送信いたしました。
  万が一、「メールが届いていない」という方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、事務局にお問合せください。
2021年10月11日
学会紹介のページを更新しました。
日本法育学会第5回全国研究大会のポスターを掲載しました。
2021年10月5日
日本法育学会第5回研究大会の詳細が決まりました。
 
2021年9月18日
法育図書を追加しました。
2021年9月4日
日本法育学会第5回研究大会のシンポジウム司会・パネリストが決まりました。
 司会:山本 志都 弁護士
 パネリスト:松田 博雄 小児科医 (子どもの虐待防止センター理事長)
       片倉 昭子 臨床心理士(子どもの虐待防止センター理事)
       中村 仁志 弁護士 (児童相談所非常勤弁護士)
 
2021年7月12日
日本法育学会第5回研究大会の概要が決まりました。
大会テーマ:「虐待を防ぐために私たちにできること」
  日程:2021年(令和3年)10月23日(土)
  時間:13:00~16:00
  場所:会場・遠隔のハイブリッド方式(調整中)
プログラム
   基調講演:戒能民江先生
   シンポジウム:(調整中)
詳細は決まり次第お知らせします。
 
2021年7月10日
フォーラム90「~死刑廃止国際条約発効30周年記念企画~ 死刑廃止のために国際社会の連携を求めて」(2021年7月11日(日))のお知らせを掲載しました。
2021年7月5日
日本法育研究第5号に掲載する論文を募集いたします。締切は2021年12月20日です。
投稿規定
投稿要領
2021年4月13日
学会紹介のページを更新しました。
2021年3月27日
学会紹介のページを更新しました。
法育図書を追加しました。
2021年1月11日
学会紹介のページを更新しました。
『日本法育研究第4号』の目次を掲載しました。

過去のお知らせ






日本法育学会


日本法育学会事務局
〒270-1196
千葉県我孫子市久寺家451
中央学院大学法学部
大久保輝研究室内

MAIL
info@nihon-houiku.jp

ゆうちょ銀行口座
口座記号番号 00160-8-587494
加入者名 日本法育学会